blog index

田んぼできずなづくり オフィシャルブログ

「田んぼできずなづくり」の最新情報をアップして参ります。
農山村の遊休農地×都会人の米作り体験
<< 7月16日の農林22号 | main | 身延Lifeに「火祭の様子」紹介されています♪♪♪ >>
7月16日 田んぼの草取り2&曙大豆の再植&じゃがいも堀
0

     先月の大雨とはうって変って、今日は晴天!
    今回は、「がっつり田んぼ作業」との予定を聞き、
    また違った意味で、テンションがあがります!

    富士山だって、ホラ、こんなにくっきり見えています。



    1カ月ぶりに来た田んぼは稲がとても大きくなっていて
    ビックリ。そのたくましさにも思わず笑みがこぼれます♪



     今日の最初の作業は、「草取り パート2」
    前回は、田んぼの水面を手のひらでなでることによって
    刈った草が、今回は稲と一緒にとっても大きくなっているので
    地上の草取りと同じ作業を田んぼの中に入って
    おこなうわけです。

    刈り取る草は、こんな種類のもの。





    稲とよく似ているものもあり、注意が必要です 汗。

    遠くからだと見えないのですが、田んぼに入ってみると
    ある、ある。(稲の大きさにもご注目です)



    それを抜いてビニール袋に入れていくのですが、
    すぐに満タンに。
    それほどたくさんあるのです。

    数えてませんが、
    計50袋くらいはあったのでしょうか?!

    草取りを進めていくと面白いことに気づきます。
    同じ田んぼでも、稲の高さが全然違うのです。
    それはなぜかというと、水路に近いところの稲は
    水温が低いので、背が低く、
    遠いところはお日さまによって、水が温められるので
    発育がよいのだそうです。

    とっても興味深いお話です☆

    さてさて、そんな発見もしながらもくもくと作業を
    進めていき、
    でも皆の頑張りで、こんなにきれいになりました〜。



    頑張ったあとは、休憩タイム。
    今回は、トウモロコシをゆでてきてくれました♪
    甘くて、とっても美味しい♪♪



    身延町専属ライターの梅津さん。
    作業着のこの汚れはまさに“勲章もの”です^^

    雑草とともにたくさんいたのが
    田んぼの生き物たち☆









    草取りは、あと1回。
    厳しい暑さの中、草と人間との戦いは続くのであった・・・。
    (美味しいお米を食べるため!ぶつぶつ・・・)


    午後からは、身延特産の“曙大豆”の草取り&再移植作業でした。



    写真を見ていただくと分かるように、等間隔に
    育っているはずなのに、なんにもないところが
    曙大豆が育たなかったところ。



    移植当日、雨が降っていたのでうまく育たなかったそうです・・・涙。

    ですので、畑の草取りと同時に今度こそうまく育つようにと
    再植しました。

    深めに穴を掘り、水を注ぎます。
    そして苗を入れて土をかぶせますが、
    その際、、『育ちますように!』と祈りを込めることも忘れずに^^

    田んぼでもそうでしたが、畑も日かげがない!!
    太陽の高さもピークを迎えており、
    なおかつ、田んぼのような水気もない場所なので
    作業環境としてはサイアク・・・。

    自ずと口数は少なくなりましたが・・・^^;
    皆さん、美味しい大豆の味をよく知っているので
    頑張れました〜。

    こちらもがんばった後は、ご褒美の休憩。
    今回は、桃をもってきて下さいました!
    とーっても甘くて、疲れが癒されました♪
    ありがとうございました〜。







    で、で、
    最後はようやくお楽しみの“じゃがいも堀”。
    今年は雨が多くて、発育が遅れていたので今日に
    なったのでした。

    シャベルで掘っていくと
    ひとつの苗から、6〜7こ程のじゃがいもが出てきます。
    どこから出てくるかわからないのでワクワクするのですが、
    意外に浅いところから出てくるのですね。
    だから、「家庭用プランターでも出来るかも〜」と
    新たな希望を抱いた瞬間でもありました☆

    取れたてのじゃがいもをゆがいてくれました☆



    濃厚でとっても美味しい♪
    どれくらい美味しかったかというと・・・。
    (真ん中の方にご注目)






    人の話を聞けないくらいです^^;

    そんなこんなで、本当によく働いた一日でしたが
    普段デスクワークしている私にとっては
    とてもいい気分転換になり、今日も楽しく田んぼ作業を
    終えたのでした☆


    次回、
    8月6、7日は、ここ数年休止していた
    「なげたいまつの火祭り」が復活します!
    私たちもドキドキワクワク。
     闇夜に火。
    キャンプファイヤーの思いでは鮮明ですよね。
    そのようなインパクトのあるイベントの数々を現在進行中ですので、
    是非是非、皆さんご参加ください!

    | tanbodekizuna | 活動レポート | 11:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする


    この記事のトラックバックURL
    http://blog.tanbode-kizunadukuri.net/trackback/17
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    bolg index このページの先頭へ