blog index

田んぼできずなづくり オフィシャルブログ

「田んぼできずなづくり」の最新情報をアップして参ります。
農山村の遊休農地×都会人の米作り体験
田んぼの草取り・曙大豆の種まき・わくわく梅酒仕込み 
0
      2012623日 晴れ

    田んぼの草取り・曙大豆の種まき・わくわく梅酒仕込み 

     

    623日、田植えからちょうど1ヶ月たった田んぼにやってきました。

    「うわー、おたまじゃくしがいっぱい」

    去年と比べてもすっごい沢山おたまじゃくしがいます。

    田んぼの横の畔を歩くと、おたまじゃくしが驚いて一緒に動きます。

    心配していた苗もしっかり田んぼに根付いています!

    ?ひとめぼれ
    ひとめぼれ


    ?おたまじゃくし 

    おたまじゃくし

     

    今日の作業は、大きく3つ。

    田んぼの草取りをすること、身延町の特産である曙大豆の種まきをすること、そして、皆さん楽しみの梅酒を仕込むこと。

     

    まずは田んぼの草取りから。草取りといっても・・・この作業が大変です。

    稲の周りにはまだあまり草がないのですが、稲の周りの土をかきまぜて、小さな雑草をとりながら新鮮な空気を送ります。

    こんな感じ・・・・。翌日の筋肉痛はもうキマリですね。

    この作業を約2時間ほど頑張りました。これもおいしいご飯を食べるためです♫

     
    ?田んぼの草取り

    田んぼの草取り


    ?田んぼの草取り

    田んぼの草取り

    ?田んぼの草取り

    田んぼの草取り

     

    お昼前に草取りの作業を終えて、ホッと一枚。もうすでに「アイタタタ」の状態です。

    ? 田んぼでぱちり

    田んぼでぱちり。

     

    お昼ご飯は、いつもお弁当を作ってくださる下部温泉のお鮨屋さん「ます多」さんのお弁当です。はらぺこさんたちのためにジャンボおにぎりのお弁当です。

    地元の方から手作りのさしみこんにゃくもいただいちゃいました!とっても美味しくて大好評。

    ?お弁当

    お弁当

     

    お昼を食べた後は、曙大豆の種まきです。身延町では超有名な大豆です。この大豆の種を手に入れるのは、簡単ではないんですよ。種はこんな感じですが、できあがった大豆は普通の大豆の1.5倍ぐらいはあるでしょうか。甘味が強くて、枝豆も大豆も最高においしい!

     
    ?大豆種まき

    大豆種まき

     

    今年は面白い試みを試すことにしました。大豆の畑を4つに分けて、男手だけで育てた大豆、女手だけで育てた大豆、男女協働大豆(肥料なし)、男女協働大豆(麦をすきこみました)にして、収穫を見てみることに。仮説としては、植物に話しかける女性の方が沢山実をつけるはず???どうなることか楽しみです。

    ?大豆種まき

    大豆種まき

    ?大豆種まき

    大豆種まき

    ?大豆種まき

    大豆種まき

     

    さて、これからはお楽しみの梅酒仕込みです。

    梅は大久保集落で自分でもいで、自分で用意したお酒と砂糖でつけます。毎年恒例のこの行事、年末には梅酒マイスターを決めるので、みんな真剣です。

     
    ?梅



    ?梅

     

    梅がどんな風になっているかなんて、都会に住んでいると知る機会もありません。大きな梅をもぐだけでも、もう楽しくてしょうがないです。

    そして、大量の梅を・・・梅酒に仕込みます!!


    ?親子で梅酒しこみ

    親子で梅酒しこみ

    ?初チャレンジ

    初チャレンジ

     

    田んぼできずなの梅酒マイスターは毎年、ブランデーベースが1位となっています。同じブランデーでつけても、梅のうれ具合や、砂糖の量で味が変わるので、同じ味にはならないのが不思議です。今年は、ブランデー、ホワイトリカー、玄米焼酎、純米原酒、ジン、ウォッカまで登場。お砂糖も、はちみつ、黒糖、氷砂糖、果糖など、本当に様々。これは、12月の仕上がりが楽しみですね〜♫♫ 勢ぞろいした梅酒のビンたち。できあがった梅酒を飲んでる気分で写真撮影!!

    ?梅酒たち

    梅酒たち

    ?おいしいな〜

    おいしいな〜。

     

    今日は、何といっても草取りが大変だったので、いい汗をかきました。6ヵ月後の梅酒より、1時間後のビールが待ち遠しい!!という名言で今日の作業が終わりました。

     

    今日の最後に、田んぼの全景。

    ?全景

    全景
    | tanbodekizuna | 活動レポート | 16:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    今年の田んぼがスタートしました
    0
       2012年3月24日 曇→晴れ。

      前日が雨だったので、かなり心配していたのですが、身延は今日は雨がやみ、
      10時前の田んぼには懐かしい顔ぶれが続々と集まってきます!
      今日のために、「つなぎ」を揃えたメンバーも^^

      雨で田んぼが少しぬかるんでいるので、トラクターや耕運機での田おこしは
      できませんが、今日のメニューはこちらです。

       /縅の泥だし
        
        昨年の台風15号の際に、山側から土砂が田んぼの水路にもはいってしまい
        田んぼ横の水路は水が通らない状態に。ここをシャベルを使って泥をかきだします。

       

       
       

       ⊆よけのネットはり。
        

         
        
       
       
        5月の代掻きのときでいいよ、と言われましたが、今日は田おこしもできないので
        田んぼの脇に「くい」をハンマーで打ち込み、ネットを張っていきます。  
       
       
        
       
      | tanbodekizuna | 活動レポート | 22:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      10月23日収穫祭〜地域の方と一緒に〜
      0
         10月23日に田んぼできずなづくりの「収穫祭」を実施しました。
        前日に精米したばかりの「もち米(まんげつもち)」を杵と臼でつきました!

        無事お米がとれたのも、地域の方が教えてくれたり、見守ってくれた
        おかげです。「収穫祭」は地域の方々への「感謝」の気持ちを込めて、
        手作りします。

        と、まずお餅をつく前に、ちょうど収穫時期を迎えた曙大豆の畑に
        みんなで行ってきました。10月の中旬と言えば、身延特産、曙大豆の
        枝豆が一番美味しい時期♪

        曙大豆は普通の大豆と比べて背が高くて、大人の腰の高さぐらいまで
        あるものも多いです。実がしっかりついているのを探して抜いてもらいます。

        パパといっしょにチャレンジしてます。


        ほ〜ら、もう少しだよ!っていう声が聞こえてきそうです。



        香りがありますね〜、と教えてくれたのは、ヒロシゲくんです。


        持ち帰りやすいように葉っぱだけ落としてもこの枝っぷり。



        大きいですよね〜抜くのも大変でしたよ^^


        さて、曙大豆の収穫を楽しんだ後は、餅つきです〜。
        今回、お餅をどの味にするか??とスタッフで事前に話し合ったところ
        この6品に決定。

        おかず系 おろし醤油 海苔醤油  納豆もち
        おやつ系 ずんだもち あんこもち 曙大豆のきなこもち

        今年初挑戦のずんだもち。もちろん曙大豆の枝豆を使います。
        味つけ担当は齋藤さん。故郷福島の味を再現したほんのり甘いずんだ餅をつくるぞ!と意気込んでいます。

        まずは茹でた枝豆を房から取り出します。
        「薄皮もむいてね〜」「は〜い♪」という地道な作業です。
        みんなと一緒にやれば楽しいですよね!


        枝豆つぶしてます。このためにすりこぎ棒も用意しました^^


        できあがり♪のずんだです。きれいな色。なかなかこんな色はお目に
        書かれない自然の色ですよね〜。味もうんまーい、です。



        外ではもちつきが始まりました。すんごい人だかり・・・
        地元の子供たちもお餅つきに参加してくれました♪興味津々です。
        まずは腰を入れて、お米をつぶしていきますよー


        よっしゃ、つきますよ!代わる代わる交代でついたのは、なんと5升分。
        (機械の力もおかりしました♪)


        今日会ったばかりの子供たち。すぐ仲良くなっちゃうんですよね。
        風船づくりを会員さんにお願いしたところ、子供たちに大好評でした!



        部屋の中では、あんこやきなこの用意も・・・




        みんなで作ること2時間。できあがりました。
        今日も手伝ってくれた都留文の学生たちも一緒に♪枝豆も机に並んでいますね!





        芋煮は山梨の野菜と田んぼできずなづくりで2月に仕込んだ
        曙大豆の手前味噌のコラボレーションです。
        柿は地元の方が沢山差し入れてくださいました♪

        つきたてのお餅をみんなで食べるのはおいしーい。
        あけぼの大豆の味噌もやさしいお味。ほーとします。

        参加した人数は地元の方々と田んぼできずなづくりのメンバー、
        農民人のメンバーで総勢50名強。

        精米したての「農林22号」というお米もみんなで頂きました。
        自分たちが汗を流したお米の味は格別です!!
        お餅を6種類も食べたけど、別腹??みんな味わっていました。


        地元の方々からは
        「末永くこういう活動を続けていってほしい。何か困ったことがあったら
        いつでも声をかけてね」と嬉しい言葉を頂きました♪

        都会から参加したメンバーからは
        「こんなに美味しいお米が食べられるなんて!!本当に参加してよかった」と
        いう言葉が続々。年間を通して参加したからこそわかるありがたさ。おいしさなのです。

        その言葉をきいた地元の方々も笑顔でいっぱいです。
        また来年も学びつつ続けていきますので、ぜひご参加&ご支援お願いします♪



        | tanbodekizuna | 活動レポート | 15:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        曙大豆の手前味噌の蔵出し♪
        0
           10月22日に翌日の【収穫祭】(これはまたレポートします)で使うために曙大豆の味噌を蔵から出しました。今日のメンバーは、田んぼできずなスタッフと都留文化大学の学生さん、そして身延町レポーターの梅津さんです。

          向かったのは、こちら。中富町 味噌貯蔵施設 です。
          こちらに特別に保管してもらっているのです^^


          このお味噌は今年2月に仕込んだものです。
          曙大豆は昨年自分たちの畑でとれたものを使っています。
          (足りなかったので、古民家おおくぼの遠藤さんから分けてもらいました)

          その時の分量は

           曙大豆 25kg
           麹(麦18キロ、米12キロ)
           塩12.5キロです。
           麹の量を多くして、「特選曙大豆味噌」を仕込みました

          仕込みの様子はこちらで紹介しています。地元の曙大豆味噌のプロのおばちゃんに
          お世話になりました。
          http://www.tanbode-kizunadukuri.net/activityreport/2010/20110206.html

          そして、約8ヶ月後に味噌とご対面です、、、!!(ドキドキです)
          あーあった。そうです、この樽です。


          おそるおそる中を開けると 「おおー。出来てる!」
          なめてみるとちょっと塩辛いですが、やさしいおいしさ。


          カビもはえていないし、上手にできましたー!!


          では、仕分け作業開始です。
          ‖浹佑畭癲租堽永顕渋膤悗粒慇犬気鵑任后


          計量係は目が真剣です。


          こちらは形を整え、シールを貼っていきます。


          できあがりはこちら。いつもの「田んぼできずなづくり」ロゴに「曙大豆手前味噌」の文字を入れました。


          みんなで力を合わせて作業をしたら、約1時間半で樽の底が見えてきました!!


          最後には、約90キロのお味噌ができあがりました。予定通りのできです。
          これを明日の【収穫祭】の会場に運ぶ準備。


          お掃除は念入りに・・・


          こんなに念入りに・・^^


          きれいになった後は記念写真を撮りました♪ みんなで味噌を持って^^


          翌日【収穫祭】で飲んだお味噌汁はとても美味しかったです〜
          癖がなくてどちらかというと少し甘めで、やさしい味でした♪♪♪

          収穫した大豆を使ってのお味噌づくりは本当に楽しい^^
          来年もやらなくっちゃ♪♪♪

          最後にこちらをちょっぴり紹介。
          今年作ったお米(ひとめぼれ)と蔵出ししたばかりの曙大豆味噌、
          そして曙大豆の枝豆。これがちょうど同じ時期にできあがるんですね。
          こんな手作りセットとってもいいですね(#^.^#)

          | tanbodekizuna | 活動レポート | 00:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          最後の大仕事〜皆さんにお米が届くまで〜
          0
             田んぼできずなづくりの田んぼでは、ひとめぼれ、農林22号、満月もちを無事収穫することができました。

            その数量は籾で
             ひとめぼれ 479Kg
             農林22号  353Kg
             もち米    235Kg
             計      1,067Kg(1t以上)
             
            と豊作になりました。
            台風直撃にあって心配していましたが、本当にホッとしました。
            毎日様子を見てくださった修身さんに大感謝です。

            収穫した籾です。


            脱穀してトラックで運ぶ姿です。まだまだあるよ〜という感じ。


            さて、この大量のお米を会員さんの手に届けるための仕分け作業&
            精米作業が最後の大仕事!!

            これを手伝ってくれるのは、おなじみ”田んぼできずなスタッフ”と
            都留文化大学の学生5人(パチパチ〜)なんと頼もしいメンバーです。
            しかも身延町ライターの梅津さんも手伝ってくれています♪

            田んぼできずなづくりでは、皆さんにいろんな作業を体験してもらうため
            基本は「籾でお渡し」しています。籾でお渡しして、自分で精米所に行き、
            白いお米になるのを見るのも、都会に住む私たちにとっては面白い体験
            なんですよね〜

            今回は、取りに来れない人のために精米して送ることに。
            コイン精米にお世話になります。
            身延町の精米は「籾→玄米」「籾→白米」に精米できます。
            この「籾」から精米ができるものは都内にはあまりないみたいです。
            うっかりして籾を家に持って帰ってしまうと、「精米できない(><)」なんてことに
            なります。


            籾を入れて・・・


            しばらく待つと・・・

            「あっ!!」


            落ちちゃう、落ちちゃう・・・と一瞬焦りますが、足のレバーを踏まなければ
            お米が下に落ちることはないんですね。
            ほら、こんなに沢山になりましたよ。


            精米したお米。なんだかかわいく感じるのは私だけでしょうか・・・?




            そして、袋詰め・・・作業中。


            お米を測って・・・


            シールを貼って・・・


            間違いがないようにチェック中・・・


            作業すること4時間ぐらいでしょうか・・・ようやく、できました!!


            こんなにかわいくなりました♪


            皆さんに手伝って頂き、なんとかお送りすることができました。
            本当に最後の大仕事になりました(大汗)

            皆さんの元に届いたら、美味しく食べてくださいね〜^^
            | tanbodekizuna | 活動レポート | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            第9回 稲刈り・脱穀体験・子供カメラマン!
            0
               しばらくブログをご無沙汰してしましました・・・今日は稲刈りの様子をご紹介します。


              稲刈りの前の9月にはドキドキすることがありました。
              9月には2回も台風が田んぼを通り抜け、しかも9月21日の台風15号は身延を直撃!!
              身延の一部の地区では水道が止まるなどの被害がでました。

              田んぼでずなづくりの田んぼにも少し山から土砂が入り込んだり、背の高い農林22号が
              だいぶ倒れてしまったりしたんです。でも、地元の方々のサポートのおかげで今年も無事
              収穫できました。

              稲刈りは9月23,24日にひとめぼれ(早稲品種)、10月8日に農林22号とまんげつもちを
              行いました。その広さは合わせて500坪ぐらい?!
              稲刈りをした稲は「うし」にかけて天日干しをしていますよ〜。

              10月8日はキヤノンマーケティングジャパン蠅CSR(社会貢献)ボランティアで
              社員とその家族が12名参加して総勢約30名。子供も一緒に稲刈り体験です!


              稲刈りの時に2歳だった男の子が、3歳になって稲刈りに戻ってきました^^
              ちゃんと鎌をつかって稲刈りしてくれています♪


              午前中に3枚の田んぼ(約100坪)のうち、1枚を手刈りで・・・頑張ろー!
              でも、なかなか大変です〜。



              刈るより刈った稲をゆわくのが、時間がかかるんです〜
              しかもわらでゆわくので、コツがいるんです。


              作業を始めて1時間をすぎてようやく1枚の田んぼの稲刈りとはざかけを終了。
              はざかけとは天日干しのことです。竹のポールなどを使って結いた稲をかけて
              いきます。


              午前中の稲刈り残り2枚。かなりみんなヘトヘト。
              ここからは、機械の力をおかりしました。機械を使うと、とっても楽なんです。



              一列ごとに刈っていくのですが、この機械は「紐で結いて」くれるんです!!
              すっごい器用なんですよーー(笑)
              機械はちょっと女性には重いけど、どんどん刈っていけるとかなり爽快なんです。
              子供たちもかわるがわる体験しました。

              午前中を終えて、もうこんなにはざかけができました!!すごーい。
              力を合わせると早いんですね。(機械の力もすごいです)


              午後からの主役はこちらです。去年は「ドンモヤイダ」(右から読んでね)でしたが、
              今年は「文明式 旭光号」です。なんとか手に入れました。
              9月23,24日に稲刈りをして2週間天日干しをした稲を脱穀します。




              少しわかりずらいかもしれませんが、バーを足で踏むことによって金具の
              ついた円形の輪っかをまわします。まわしながら、そこに籾のついた稲を金具にあて
              籾だけが取れていく仕組みなんです。
              つまり、ずーっと足でバーを踏み続けなければいけないといったかなりの重労働なんです。



              籾を脱穀できたら、次は「千石(センゴク)」の登場です。
              籾とゴミを分ける選別機械のようです・・・
              手で回して、風をおこして軽いゴミを飛ばす原理です。


              昔の人はいろんな工夫をしていたんですね〜。
              と、ぜーんぶの脱穀を足ふみでやっていたら大変なので、ここでも大型機械が登場。

              稲をスーッと入れるだけで、わらと籾が分かれてしかも袋に入ってくれる、
              という便利な機械です。
              中に入っている突起物のついたわっかは足踏みと全く同じものなんです。


              なんとか、稲刈りと脱穀を終えることができました。皆様お疲れ様でした。


              そうそう、今日は子供たちに「一日カメラマン」になってもらいました。
              なかなか真剣なそのまなざしです。モデルはわかりますよね??



              こちらはモンペガールたちです。モンペは手作りなんですよ!
              女子スタッフ募集中です^^


              次回は10月23日に「収穫祭」で収穫したもち米でもちつきをしま〜す♪
              そして、新米を持ち帰れる日もあともう少しでやってきます!!
              新米を味わうのが何より楽しみです。
              | tanbodekizuna | 活動レポート | 22:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              「相又の火祭」復活・交流会(8/6-7)
              0

                「地元との交流を深めるために一緒に祭りを復活しないか?」
                そんな嬉しいお声がけを頂いたことから始まった今回のお祭りの復活。

                田んぼでお世話になっている相又地区のお祭りは過疎化の影響で数年間
                お休みをしていたそうです。一度お休みをしてしまうと、なかなか復活することは難しい。
                昨年から相又の田んぼで「田んぼできずなづくり」がお世話になることになって、
                一緒に力を合わせればお祭りの復活ができるのではないか?と考えてくださったようです。
                しかも、「火祭」と聞いただけでもおぉっ、と思いますが、
                「火をつけた”たいまつ”をぶんぶん回して投げる」という見たことのないお祭りに興味津々です。

                さて、お祭りの話は後ほどするとして、まず午前中は田んぼの草取りです。
                今日は、キヤノンマーケティングジャパン株式会社の「未来につなぐふるさとプロジェクト」ボランティアの皆さんも参加し、総勢約30名での作業です。



                田んぼはこんなに青々としています。

                田んぼの草取りは、稲と稲の間の大きめの草を抜いていきます。
                雑草が多いところや少ないところもあり、とっても不思議です。
                田んぼの草取りももう3度目ということもあって、だいぶ慣れてきましたね。




                パパと娘の連携もばっちりです♪


                よくよーく見ると、「ひとめぼれ」は出穂(しゅっすい)していました。
                しろーく見えるのが「稲の花」です。とっても神秘的です。



                田んぼにはいろんな生き物がいます。稲の葉っぱにうま〜いこと座っている
                蛙さん。2枚葉っぱを重ねてその上に座っていますね♪


                赤とんぼ。こちらも葉のほそーいところをつかんで止まっています。神業ですね!


                田んぼの周りには修身さんが作ってくれたお花畑が広がり、農作業の疲れを
                和ませてくれます。




                こんな光景も。和みますね(笑)



                〜「相又の火祭」4年ぶりに復活。地域と都会の協働で〜

                昼食をはさんで午後からはお祭りの準備です。
                お祭りの指導をしてくれるのは「相又美土里会有志」の皆様。
                ここからは同じく相又で活動する「農民人(のうみんちゅ)」のメンバーも加わり総勢60人位。


                まずは、望月武さんからお祭りの説明がありました。
                手に持っているのが「蜂の巣」のミニチュア版です。ほうきみたい???


                「相又の火祭」は竹と麦わらでつくった「蜂の巣」(玉入れのかごの役割)に
                火をつけたたいまつをぐるんぐるんと投げ入れて火をつけるというものです。
                先祖の供養の意味があるようです。
                このお祭りはとにかく「手作り」なので、蜂の巣も投げるたいまつも屋台の食べ物もみーんな手作りします。チームに分かれて、さぁ、頑張るぞ!

                では、まずは蜂の巣づくりから。教えてくれるのは、望月さん。
                相又集落には「望月さん」と「千頭和(ちずわ)」さんがほとんどなのです!

                まず、竹を4分割にします


                割らないように、切れ目を入れていきます、、、くまちゃんがんばれー!



                そして、なんと、竹で作った輪っかを入れて形を作っていきます。
                すごい知恵ですねー。



                カゴの枠組みができたら、外側に麦わらを取り付けていきます。


                内側には爆竹をセット。火がついた投げたい松が入ったときに、パンパーンと音がするんですね。


                さぁ、できました。これを持ち上げてみます。身延町役場の長谷川さんも手伝って
                くれています!


                わーい。立ちました!


                さて、次は投げるたいまつづくり。用意されたのは、角材です。まるで薪割り体験です、、、。


                分担して、細かくなった木を針金で固定していきます。
                きつく固定しないと、回したときに外れてしまうからですっ。
                これがとっても地道な作業なんですっ。根気が必要。



                こんなにできましたよ!これもぜーんぶ手作り。みなさまありがとう。


                さて、次は屋台の部へいきましょう。
                焼き鳥隊。あつあつです。鳥も国産にこだわって、とっても美味しかったです。
                500本が完売となりました。


                レトロなかき氷隊。手で回してかき氷を作ります。かき氷には富士山が!!
                シロップがかけ放題なのが、嬉しかった♪


                こちらは富士宮焼きそば隊。キャベツ20個を使って焼きそばです。
                あついあつい中、こちらも完売。


                ビールと焼きそば、合いますよね^^


                こちらは女子チームの作った豚汁です。野菜がたっぷり。具沢山です。大好評でした。


                忘れちゃいけないのが、ヨーヨー隊。ヨーヨーづくりに精を出すのはこの二人。
                色とりどりのヨーヨーがとってもキレイです。


                あ、店長!祭りが始まったらすっかり着替えてますね。
                子供店長、大活躍でした。


                この他にも草刈隊やビールサーバー隊などみんなそれぞれの持ち場で大活躍。
                本当にお疲れ様&手作り感タップリのお祭りでした。


                催しものはと言いますと・・・
                「甲州盆歌」の盆踊り。先生方に来ていただきました!


                見よう見まねでなんとか踊ってます(汗)。大人も子供も踊ってますよ〜。


                あら、大仏さんとうまさんも楽しそうで遊びにきちゃったみたいです(笑)



                さて次はNYTライブ。去年も7月に古民家おおくぼでライブをしてくれました。
                1年ぶりです。甲府で活動するバイオリンとアコースティックギターというめずらしいユニットです。「情熱大陸」やオリジナルソングも演奏してくれてとっても盛り上がりました。






                さて、待ちに待った投げたい松、お待たせいたしました〜。
                なんと身延町町長さんがかけつけてくれ、「これからも仲良くしていこう」とメッセージをくださいました。ありがとうございます!!

                では、まずは始球式から。キヤノンマーケティングジャパン株式会社の甲府営業所
                所長の嶋田さんです。「狙っていきます!」と気合十分。


                さすがに一投目でははいりませんでした、、、が、皆さん待ってましたとばかりに
                つぎつぎに投げます。

                高さが7メートルもあるので、なかなかはいりませんっ、、、。
                あちこちで火のついた投げたい松が飛んでいき、「あぶないっ」なんて声もちらほら。。。





                あ、入った〜!!農民人の若者が1投目を入れてくれました♪


                火が入ったら、投げるのはいったんお休みで、燃え盛るのを待ちます。
                ここで雨がけっこう降ってきたのですが、火が雨に負けず燃えています。
                パチパチっ、と爆竹の音がするので、ちょっとびっくりします。



                そして火がついたらなんと蜂の巣を支えている紐を揺らして、さらに燃えるように
                するんです。まるで花火のようにキレイです。


                最後は火の粉が地面に落ちるまで・・・。


                蜂の巣は3つ用意されていたのですが、無事3つに火が付きました。
                雨も不思議とやみ最後までお祭りを続けることができました。

                最後は、子供たちお待ちかねの花火と

                なんと、ファイヤーダンスのパフォーマンス。お面を付けてのパフォーマンスに
                会場は盛り上がりました。


                雨だけが心配だったのですが、お祭りが終わるのを待っていたかのように雨が振り出し、なんと打ち上げ最中に「停電」しましたが、無事4年ぶりの「相又の火祭」復活を地域の方と一緒に成功させることができました。

                ちょっとここでまじめな話ですが、都会に住んでいると、なかなか「自分の祭り」と呼べるお祭りがないことが多いのでは?と思います。
                私も自分もお祭りというものがなかったのですが、このお祭りが「My祭り」にできたらとっても嬉しいな、と思いますし、相又の方々だけでなく今回参加した地域外の方々の「My祭り」になれば、きっとお祭りは続いていくのではないか、と確信しています★

                協力してくださった皆様、ありがとうござました!!
                &素敵な写真を撮ってくださった「あめたつ」に拍手です(パチパチ)!!

                では、しめくくりはかわいい笑顔。お祭りの翌日の畑にて、特大かぼちゃと3人娘です。笑顔が弾ける田んぼできずなづくりでした。


                担当:豊田 有希

                | tanbodekizuna | 活動レポート | 21:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                7月16日 田んぼの草取り2&曙大豆の再植&じゃがいも堀
                0

                   先月の大雨とはうって変って、今日は晴天!
                  今回は、「がっつり田んぼ作業」との予定を聞き、
                  また違った意味で、テンションがあがります!

                  富士山だって、ホラ、こんなにくっきり見えています。



                  1カ月ぶりに来た田んぼは稲がとても大きくなっていて
                  ビックリ。そのたくましさにも思わず笑みがこぼれます♪



                   今日の最初の作業は、「草取り パート2」
                  前回は、田んぼの水面を手のひらでなでることによって
                  刈った草が、今回は稲と一緒にとっても大きくなっているので
                  地上の草取りと同じ作業を田んぼの中に入って
                  おこなうわけです。

                  刈り取る草は、こんな種類のもの。





                  稲とよく似ているものもあり、注意が必要です 汗。

                  遠くからだと見えないのですが、田んぼに入ってみると
                  ある、ある。(稲の大きさにもご注目です)



                  それを抜いてビニール袋に入れていくのですが、
                  すぐに満タンに。
                  それほどたくさんあるのです。

                  数えてませんが、
                  計50袋くらいはあったのでしょうか?!

                  草取りを進めていくと面白いことに気づきます。
                  同じ田んぼでも、稲の高さが全然違うのです。
                  それはなぜかというと、水路に近いところの稲は
                  水温が低いので、背が低く、
                  遠いところはお日さまによって、水が温められるので
                  発育がよいのだそうです。

                  とっても興味深いお話です☆

                  さてさて、そんな発見もしながらもくもくと作業を
                  進めていき、
                  でも皆の頑張りで、こんなにきれいになりました〜。



                  頑張ったあとは、休憩タイム。
                  今回は、トウモロコシをゆでてきてくれました♪
                  甘くて、とっても美味しい♪♪



                  身延町専属ライターの梅津さん。
                  作業着のこの汚れはまさに“勲章もの”です^^

                  雑草とともにたくさんいたのが
                  田んぼの生き物たち☆









                  草取りは、あと1回。
                  厳しい暑さの中、草と人間との戦いは続くのであった・・・。
                  (美味しいお米を食べるため!ぶつぶつ・・・)


                  午後からは、身延特産の“曙大豆”の草取り&再移植作業でした。



                  写真を見ていただくと分かるように、等間隔に
                  育っているはずなのに、なんにもないところが
                  曙大豆が育たなかったところ。



                  移植当日、雨が降っていたのでうまく育たなかったそうです・・・涙。

                  ですので、畑の草取りと同時に今度こそうまく育つようにと
                  再植しました。

                  深めに穴を掘り、水を注ぎます。
                  そして苗を入れて土をかぶせますが、
                  その際、、『育ちますように!』と祈りを込めることも忘れずに^^

                  田んぼでもそうでしたが、畑も日かげがない!!
                  太陽の高さもピークを迎えており、
                  なおかつ、田んぼのような水気もない場所なので
                  作業環境としてはサイアク・・・。

                  自ずと口数は少なくなりましたが・・・^^;
                  皆さん、美味しい大豆の味をよく知っているので
                  頑張れました〜。

                  こちらもがんばった後は、ご褒美の休憩。
                  今回は、桃をもってきて下さいました!
                  とーっても甘くて、疲れが癒されました♪
                  ありがとうございました〜。







                  で、で、
                  最後はようやくお楽しみの“じゃがいも堀”。
                  今年は雨が多くて、発育が遅れていたので今日に
                  なったのでした。

                  シャベルで掘っていくと
                  ひとつの苗から、6〜7こ程のじゃがいもが出てきます。
                  どこから出てくるかわからないのでワクワクするのですが、
                  意外に浅いところから出てくるのですね。
                  だから、「家庭用プランターでも出来るかも〜」と
                  新たな希望を抱いた瞬間でもありました☆

                  取れたてのじゃがいもをゆがいてくれました☆



                  濃厚でとっても美味しい♪
                  どれくらい美味しかったかというと・・・。
                  (真ん中の方にご注目)






                  人の話を聞けないくらいです^^;

                  そんなこんなで、本当によく働いた一日でしたが
                  普段デスクワークしている私にとっては
                  とてもいい気分転換になり、今日も楽しく田んぼ作業を
                  終えたのでした☆


                  次回、
                  8月6、7日は、ここ数年休止していた
                  「なげたいまつの火祭り」が復活します!
                  私たちもドキドキワクワク。
                   闇夜に火。
                  キャンプファイヤーの思いでは鮮明ですよね。
                  そのようなインパクトのあるイベントの数々を現在進行中ですので、
                  是非是非、皆さんご参加ください!

                  | tanbodekizuna | 活動レポート | 11:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  6月18日−19日 田んぼの草取り&曙大豆の種植え&ゆば作り体験
                  0

                    キャノンマーケティングのCSR活動としては2回目。
                    本日は田んぼ活動は、『田植えの草取り』です

                     前回、一生懸命筋肉痛になりながら植えた苗はしっかり
                    根づいているのか?!
                    それとともに今回も気になるのはお天気。
                    草取りスケジュールはお昼からだからなんとか雨が持ってくれると
                    いいのだけれど・・・。

                    今回も会員&CSR参加されている方を含めて50名ほどの参加。
                    中には前回も参加して下さっている方もちらほら見え
                    スタッフとしては嬉しい限り♪♪

                    まずは、2チームに分かれて『ゆばづくり体験』へ。

                    まずは衛生面を万全にすべく
                    ビニール服を装着します。

                    こんな感じ。


                    ビニール服?を装着したらようやく中の工場へ。
                    室内は、ゆばづくりに最適な環境になっているため、
                    温度と湿度も高く、空気はもやもや。

                    一人にこの一枠が割り当てられ、金具を使ってゆばをあげていきます。



                    出来上がったゆばは、ゆばの水分を切るために少しの間吊るします。

                    とっても真剣☆

                    そうして水分をきったものを手で食べやすい適当な大きさに折っていきます。
                    トレーに入っているものが既に出来上がったもの♪



                    ゆばを作るためのシンクは大人が作業してちょうどの高さだったのですが
                    子供たちも一生懸命、作りましたよ☆








                    自分で作ったゆばは持ち帰りできます。
                    自分で作ったゆばの味はどうだったかな?^^*


                    その後、室内で地元の方から身延についてのお話。

                    良質な源泉のある温泉があり、シーズンにはたくさんの天然ホタルが舞い
                    (ちょうど今がシーズン♪)アクティブなラフティングも楽しめる
                    見どころ満載の身延についてお聞きしました。



                    そして。

                    話のあとは、いよいよお楽しみのお昼ご飯。
                    今回は、公民館で地元の方が作ってくださったお弁当をいただきます。

                    さきほど自分で作ったゆばも入っており
                    感慨もひとしお☆



                    滋味豊かなお昼をいただきながら、参加メンバーの自己紹介〜。






                    皆照れながらもきちんとお名前言ってくれてましたヨ♪


                    さぁ!
                    腹ごしらえをした後は、いよいよ農作業開始☆
                    まずは、大豆の種植え。

                    大豆の種類は、
                    お昼に食べた美味しい身延特産の 『曙(あけぼの)大豆』
                    先日の田植えを同じ容量で、白いひもの赤くマジックで塗られている
                    印のところに、大豆を植えて行きます。











                    最後に、田んぼの『草取り』。

                    と言っても、田んぼは既に水が入っている状態。
                    じゃあどうやって?と言うと、直接田んぼに入って
                    水につけた手をバイバイするように動かすと
                    表面に根付こうとしていた草が自然に取れてくるというもの。

                    これは余計な草をとり、稲に栄養分を集中させる効果だけでなく
                    土に空気を入れることで、田んぼの発育をよくする効果もあるのだそう。

                    何事も循環が大事なのだな〜と個人的には妙に感心♪

                    でもこれをやるには、田んぼの中をこのような姿勢で何往復も

                    残念ながら、雨が降ってしまいましたが
                    皆さん頑張りました〜!







                    会員でない方はここで終了。
                    お疲れさまでした〜。
                    またご参加くださいネ。


                    そしてそして最後の最後は会員限定の「梅酒づくり」〜。

                    なんと梅は取るところから!
                    雨が降っていたため、“ヤマヒル”が発生している可能性が高い
                    ため(結果、かなりの人がヒルに噛まれました…涙)
                    完全防備で梅の木まで向かい、梅を摘んできます。
                    梅の高いところはなんと脚立に登って!
                    降りしきる雨の中、一生懸命摘んできた梅はこんな感じ。

                    ツヤもよく立派です♪♪


                    取った梅は、タオルで汚れをふき取り、ヘタをとります。

                    ヘタを取り始めた瞬間、室内は蟹を食べているような
                    静けさに・・・^^


                    もくもくもく・・・・。


                    終盤になり、ようやく笑顔が 


                    その後、お酒で消毒したビンに、
                    梅とお酒&砂糖を投入していきます。

                    お酒といっても、ブランデーを入れる人、正統派ホワイトリカーを入れる人
                    はたまた、ジンを入れる人までも!

                    お砂糖も、黒糖・角砂糖・はちみつとさまざまです。

                    さて、どの組み合わせが美味しくなるのか?!

                    ビン詰した梅酒を持ってパシャリ。


                    昨年度のチャンピオン♪
                    余裕の表情?!



                    みんな、とても楽しそう♪♪







                    半年後には完成。
                    美味しくできあがりますように・・・ 



                    | tanbodekizuna | 活動レポート | 22:52 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
                    5月21日 「きずな」スタッフ田植え体験&「古民家おおくぼ」へ宿泊
                    0
                        CANON社員の方とそのご家族を招いての田植え体験では、
                      もうすっかり“田植えを知っている”チックに接していた
                      私たちスタッフでしたが、実は前日お先に
                      体験しておりました♪

                       前日はお昼から活動開始。
                      田植えなんてしたことないから、ワクワク。

                      「毎年田んぼ内でこける人が一人はいるんだよね〜」と
                      地元の方が嬉しそうに言われるので、ドキドキ。

                      そんな複雑な気持ち?を胸に田んぼに入って行きます。
                      泥の感触は気持ちがいいけど、ところどころ深かったり。
                      ずっと入っていると体力が落ちてきて動きづらかったり。
                      自分が抱いていたイメージとは違う
                      たくさんの驚きの連続でした☆



                      皆の様子。


                      もう何度も経験しているので、とっても余裕♪




                      必死です^^;



                      女性ばりの完全防備?








                      各自それぞれに楽しみながら植えて行きます☆


                      結局、
                      半日で2枚の田んぼを仕上げました。



                      既に内ももに筋肉痛の予感がしておりましたが
                      楽しかった〜。



                      「はい、よく頑張りました♪」

                      最後は、全体写真。
                      「オー!」は、今日の頑張りと明日への意気込みを込めて。





                      作業を終了したあとには、本日宿泊させていただく「古民家おおくぼ」に移動。
                      疲れた体をビールで冷やしたいところですが、まずは明日の最終打ち合わせ。
                      結局、宴は20:30からスタートしました。




                      でてきたお料理の数々。

                      海藻サラダ



                      里芋のつるの煮物。
                      甘辛くて、お酒のおつまみにぴったり♪



                      湯葉(とっても美味!)



                      湯葉豆腐。



                      肉じゃが。



                      美味しいお酒と美味しいご飯に
                      楽しい会話と。





                      美味しすぎてご飯もほら、この通り!




                      とても楽しく夜は更けていくのでした・・・。

                      明日はお天気になるといいな♪
                      | tanbodekizuna | 活動レポート | 12:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << November 2017 >>

                      bolg index このページの先頭へ